個人再生者の節約生活

SavingLife 個人再生
この記事は約12分で読めます。

私の場合は、個人再生の手続きを進めることになり、半強制的に節約せざるを得ない状況に追い込まれましたが、もちろん、私のような破綻した人でなくても、ムダ遣いしないで節約したい、と思う人は多いはず。

どんな節約方法が考えられるかを整理してみました。

スポンサーリンク

ルールに基づいて賢く節約しよう

節約もただやみくもにやるのではなく、自分が納得した決まり、というか、ルールが必要だと思います。

私の場合はクレジットカードも使えず現金決済のみで過ごさねばならないため、いやでも節約モードに入りましたが、普通の人でも、具体的な実績に基づいたルールによる仕組みを作ることで、節約が自然と続くようになるはずです。

もちろん最初から無理を強いるようなルールではダメで、取り掛かりやすく、はじめの一歩を踏み出しやすいものでなければいけません。

どこから始めるのがいいかというと、最初にやって大きな節約効果が見込める固定費の削減から、着手すべきです。

毎月(あるいは毎週、場合によっては毎日)定期的に支払っているものが対象です。

月々支払う金額を少しでも削減することが出来れば、その後、毎月同じ金額を削減することができるので、効果は絶大ですよね。

最初だけ手間がかかりますが、その後は、半自動で削減が続きます。

例えば、携帯電話の格安sim。
Docomo、au、ソフトバンクの大手キャリアから、マイネオ、楽天モバイルなどの格安sim会社に乗り換えることで、月々5000円くらいは簡単に削減することができます。

毎月5000円だと年間60000円の節約になりますから、結構大きいですよね。

乗り換えの時は、MNPの手続きが必要だし、場合によっては元のキャリアに解約料を払う必要もありますが、その手間や解約料を差し引いても、おトクなのは確実。
奥さんや子どもなど家族の分も一気に乗り換えるとさらに効果が大きくなります。

そして面倒なのは最初だけで、一度乗り換えてしまえば、その後はほっといても安いままです。

携帯電話料金を例にあげましたが、このように固定費削減は毎月支払う必要のある費用を恒常的に安くすることがてきます。

ということで、まずは徹底的に固定費削減に取り組むことをオススメします。

そのあとで、ムダ使いの見直しによる変動費の節約、時間の節約、そして投資へとつなげていきましょう。

スポンサーリンク

固定費と変動費について

固定費とは、日々の行動や選択に関係なく定期的に一定額がかかる費用(銀行口座やクレジットカードで引かれるもの)のことです。
変動費は、日々の行動や選択に応じて変動する費用のことです。

固定費の例

  • 住居費(住宅ローンや家賃)
  • 水道光熱費の基本料金部分
  • 通信費(携帯電話、スマートフォン、インターネットなど)
  • 生命保険、損害保険
  • 教育費(学校などでかかる費用、給食費、習い事の月謝など)
  • 小遣い
  • 車関連費(車のローン、駐車場代)
  • その他のローン
  • 定期購入しているもの(サプリメント、使い捨てコンタクトレンズなど)
  • 定期支払いしているもの(ジムの月会費、スマートフォンアプリの月額課金など)

変動費の例

  • 食費
  • 水道光熱費の使用料金部分
  • 日用品代
  • 被服費
  • 娯楽費
  • 嗜好品代
  • 理美容費
  • 交際費
  • 医療費
  • 交通費
  • ガソリン代
  • 冠婚葬祭費
スポンサーリンク

固定費削減のためのルール作りが大切

固定費で一番大きな割合を占めるのは、住宅、自動車、保険の3つです。

私の場合、毎月の手取り約53万円のうち、

  • 住宅関連(住宅ローン、メンテナンス費など)21万円
  • 自動車関連(自動車ローン、任意保険、メンテナンス費など)3.8万円
  • 保険(生命保険、学資保険など)5万円

くらいを支払っていました。
※家計破綻する前です。

私は個人再生することになり、いやおうなく家計を見直す必要がでてきたわけですが、何をどれくらいコストを圧縮できたのかご紹介します。

マイカーは手放す

いきなり極論ですが、果たして本当にクルマを所有する必要があるのか、じっくり考えることは大事です。

住んでいる場所や家族構成にもよりますが、マイカーを所有するだけで、いろんな出費が発生します。

ローンがなかったとしても、税金、保険、車検、定期点検、メンテナンス代と日々の使用時のコスト(ガソリン代、駐車場、高速道路など)などなど。

我が家の場合だと、年額換算すると、ざっと45万円にもなっていました!

非常に大きな金額ですよね。

今は、徒歩や自転車、どうしても必要なときだけカーシェアリングを使っています。

悪天候(豪雨や台風など)のときだけはちょっとツライですが、それ以外は全く問題なく暮らせています。

独身だったり、家族間がそれぞれ独立した生活をしているのであれば、カーシェアリングの他に、原付バイクに切り替えることも選択肢になるでしょう。

いずれにしてもマイカーという大きな固定費を減らすことはとても意義のあることだと思います。

住宅ローンは借り換える

住居関連費用は、賃貸であれば家賃でしょうし、持ち家であれば住宅ローンを毎月支払っているはずです。

この住宅関連費用、毎月の収入のうち25%、できれば20%以内に抑えるのがベストと言われています。

住宅にかかるコストもばかにならないのですが、住む家がないとやっていけないので、必要最低限の住宅はもちろん必要です。

特に持ち家ですでに住宅ローンを払いながら住んでいるのであれば、住宅ローンの見直しをまずは考えるべき。

いわゆる住宅ローンの借り換えですね。

借り換えることでできるだけ金利を低くし、月々の支払いを抑えるようにしましょう。

ローンの支払い含めた住宅コストを月々の収入の20-25%にするべき。

我が家はそこまで低くはなく、収入(手取り)のうち約30%くらいを、月々の住宅の支払いが占めています。

生命保険料は必要最小限にする

生命保険は契約時から数年経っていたら、見直す必要がでてきます。

家族の年齢も変わっていますし、家族構成に増減があるかもしれず、そうなると、死亡保障を厚くすべきか、医療保障や介護保険をつけるか、などいろいろな考慮点がでてきます。

生命保険の見直しによって、毎月の掛金を大きく削減することができるかもしれません。

本来であれば、各自のライフイベントに合わせて見直しをしながら、手取りの5%以内になるのがベスト、とよく言われていますね。

生命保険の選び方だけで一冊の本があるくらいですから、ここでは簡単に書きますが、よく言われるのは、死亡保障は大きくする必要はない、とか医療保障も最低限でいい、とか預貯金目的なら別な手段を選ぶべき、とかでしょうか。

これについてはまた別途記事にしたいと思っています。

携帯電話は格安SIMに切り替える

家族一人一人が携帯電話を持っていることも珍しくなく、またスマホの普及で、通信費も高額になっています。

できるだけ安く抑えたいところです。

我が家ではすでに1年前に対応しましたが、ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアから格安SIMに切り替えることで、簡単に月々5000円くらいの節約を実現することができます。

具体的に言うと、私の家族では、夫婦と子供二人合わせて4台のスマホにかかる料金を、マイネオに切り替えたことで、総額8000円ほどにすることができました。以前は毎月2万円を超えていたので、約3分の1に減らすことができました。

この節約は効果が大きいのでぜひオススメです。

スポンサーリンク

日々の行動を見直して変動費も削減

毎日、無意識にしている行動のなかに無駄なことがないのか常に意識することが大切です。

ムダを排除して習慣化する。

それが節約につながるはずです。

チラシやDMは受け取らない

例えば、以前から実践していることとして、「街なかで余計なチラシを受け取らないようにする」というのがあります。

最近開店したお店のチラシとか割引チケットなどを配布していることがありますよね。

ちょうど飲み会を企画しているところで役立つこともあるでしょうが、たいていはそのチラシ、すぐゴミ箱行きになるはず。

受け取ったあと目を通すもののすぐに捨てることになるのであれば、そもそも受け取らなければ余計な行動をする必要がなくなるはずです。

家に直接送られてくるDMや広告メールも同様ですね。

余計なサービスに住所氏名やメールアドレスを登録してしまうことで、このような余計な情報を受け取らざるを得なくなります。

不必要な情報を受け取らない仕組みを作っておくことは重要です。

セールには行かない

ファッション関係であれば、7月や12月に半期に一度の大セールやバーゲンをやっていますし、家電量販店は3月や9月などの上下半期末に決算セールをしていますね。

そんなセールに、何を買うかを考えもせずに行くことは避けましょう。

もちろん普段より安く売っているものも多いのがセールですが、そんなセールで衝動買いした洋服がお気に入りになることは少なく、タンスの肥やしになりがちです。

欲しいものは日頃からじっくり考えておき、それがセールでも売られていたら安く買うというのがベストです。

欲しい物はすぐ買わない

食料や日用品は別として、洋服や趣味のものなど、欲しいと思ってもすぐに買ってはいけません。

スマホや手帳に欲しい物リストを作っておき、そこにメモしておきます。

なぜそれが必要なのか、あると何かいいことがあるのか、無ければデメリットがあるのか、をきちんと分析しましょう。

そして少なくとも1週間は吟味すること。それが例えば人気商品や旬な商品で、1週間後には売り切れているかもしれません。

でもそれならしょうがない、入手出来ない運命だったとあきらめましょう。

食費や日用品は1週間で使う金額を決める

1週間分の食費や日用品の予算を、今までの実績をもとに決めておき、財布にその額だけを入れておきましょう。

いきなり少ない金額で頑張ろうとするのでなく、4週間分の使った金額を記録し4等分するところから始めるのがいいのです。

このやり方は、一週間経ったあとの振り返りがキモになると思います。

当初の予定金額に対して足りたのかどうか、どの程度残ったのか、そして、購入した食材をちゃんと消費しているかどうか。

一週間分の予算をきっちり使っていても、冷蔵庫に食材を余らせていてはムダが発生しているということなので、財布の残金だけでなく、購入したモノの消費状況もチェックしましょう。

コンビニ禁止!

また、過去の自分の生活スタイルを振り返ってあらためて実感したのが、コンビニってムダ遣いしがちだな、ということ。

会社では、昼の弁当を買いにコンビニに行くことが多かったのですが、弁当と飲み物以外にも、デザートのスイーツを買ったり休憩用のおやつを買ったりと、ついで買いで結構ムダ遣い(浪費)していました。

本来なら、弁当500円と飲み物150円の650円で済むはずが、800-900円くらいになっていることもたびたび。

お昼の空腹時にコンビニに行くことで余計なものをついつい買ってしまうんですよね。

また、コンビニは定価販売が基本なので、いつも買うような定番ドリンクはドラッグストアでまとめて購入しておいて、毎日家から持っていくことで、こまめに支出を削減することができるはず。

いまでは妻がお弁当を作ってくれているので、コンビニに行くこともほとんどなく、ムダなおやつを買うこともしていません。

Amazon禁止!

現代の生活に、Amazonや楽天、Yahoo!などのインターネットショッピングは欠かせないのですが、一方、買うものもないのに、暇つぶしのようにサイトを見ていることがあります。

各サイトともリコメンド機能が優秀になってきていて、おすすめの商品やお買い得商品などをこれでもか、とアピールしてきますよね。

また定期的にタイムセールなども行っていて、前から気になっていたものがちょっと安くなっていたりすると、ついつい購入したりすることもあります。

そういうのもバカになりません。目的もないのにネットサーフィンのつもりでショッピングサイトを見て回るのはやめるべきです。

オートチャージをやめる

PASMOやSuicaなどの電子マネー、だけでなく、最近ではQRコード決済タイプの○○○Payも普及しだしていますね。

いずれも現金の代わりに、モノやサービスを購入することができる仕組みです。

現金や銀行口座からチャージできるものもあれば、残高が一定金額を下回ると、自動的に決めた金額をチャージするオートチャージ機能が用意されているものも多くあります。

例えば残高が1000円を下回ったら、5000円チャージする、などです。

このオートチャージを使うと、その電子マネーには常に余裕のある金額が残っていることになるため、コンビニなどで、残高を気にせず簡単に買い物をしがちです。

1日に何度もコンビニに行くような人だと、いつの間にかムダ遣いだらけになることもあります。

非常に便利な電子マネーですがオートチャージはやめるべきだと思います。

水道光熱費は家族みんなで節約に取り組む

電気代

我が家はオール電化住宅のため、ガス代はかからない代わりに、電気代が毎月大きな負担となっています。

2007年に自宅を建てたときは、オール電化は火を使わないことから安全で、空気がきれいでクリーンだと、非常にもてはやされていました。

しかし、ひとたび停電になるとすべての機能が使えなくなることが、2011年の震災で明らかになり、いまではオール電化住宅を採用することもだいぶ少なくなっているのではないでしょうか。

そんな我が家を含め、電気代の節約ポイントは、ずばり消費電力の低い電化製品を使う、ということに尽きます。

家庭でいちばん電気を消費するものトップ4は、冷蔵庫、照明、テレビ、エアコンです。

急いで無理に変える必要はありませんが、買い替え時期が来た家電については、省エネ効果の高いものを選ぶことが大切です。

我が家の場合、ちょうどテレビを買い替えたのですが電気代をかなり意識しました。

 

照明器具については、できるだけLED照明にすべきでしょう。

なお、オール電化の場合は、もとの電力会社(我が家の場合は東京電力)の電気料金プランが一番オトクなようで、電力自由化のメリットを受けることは、できていないのが現状です。

ちなみに、オール電化でなければ、電力会社を変える、という選択肢もありますね。

電力の小売全面自由化とは

水道代

水道料金については、節水シャワーヘッドにする、というのが一番効果の出そうな対策です。

我が家でもつい先日、節水シャワーヘッドに変更したところです。

水の使い方については、家族みんなで節約を意識し節水に取り組むことが大切です。

スポンサーリンク

ムダ遣いをしないために基本を徹底!

ムダなものにお金を使わないようにするには、基本を徹底するしかありません。

例えば、外食の回数を減らす(我が家は月1回)、平日のランチはお弁当を持参する、エアコンの使用は外気温が30度を超えてから、節水シャワーに変える、洋服購入は季節ごと(3ヶ月ごと)、など、誰もが思いつくことですが、家族みんなで守れる具体的な対策を決めて実行に移すことが大事です。

タイトルとURLをコピーしました