老眼のこと、調べています。

スポンサーリンク
LifeStyle

電車の中で、メガネを頭に持ち上げて、スマホを見ているおじさんを見かけませんか?それはきっと私です。

もともと、乱視の入った近眼で常にメガネをかけているのですが、40代に入ってから手元や近くが見えづらくなってきました。
特に満員電車の中でのスマホや、本屋での立ち読みなど。

近視だから「遠くが見えるように」メガネをかけていたのに、今度はそのメガネのままだと「近くが見えなくなる」という矛盾。
でも年齢的にこれが老眼なのか、ということで、今までの普通のメガネの機能に加え、近くも見るための機能の備わった、遠近両用メガネを5年前から常用しています。

今では、普通の遠近両用に加え、中近両用や老眼専用メガネ(今はリーディンググラスと言うそう)も用意して、用途に応じて使い分けて生活しています。
見えないメガネのまま過ごすのはストレスでしかないですから。

老眼について調べてみました。私の体験も踏まえご紹介します。

スポンサーリンク

「老眼」のしくみ

老眼とは一言でいうと「眼の老化」のことです。

目の調節機能が衰えて、ピントを合わせるのに時間がかかったり、うまく合わせることができなくなることを言います。

そもそも何が原因で老眼になるのでしょうか。

読んで字の如しで、老眼とはまさに眼が老いること、を言うのです。

歳を重ねると同時に眼も歳をとる、ということで、誰もがなるものなのです。

rougan-1x

目の中には水晶体というカメラのレンズに相当する組織があり、オートフォーカス機能のように、見たいものに対してピントを自動調整する仕組みが備わっています。

若い時は、上の図のように、見たいものが近くにあるときは水晶体の厚さが自動的に厚くなり、眼底に正しい距離で映し出すことで、いつもピントのあった状態で見たいものが見えています。

rougan-2x

年老いてくると、この水晶体の自動調節機能が弱まってきて、自動で厚くならず、眼底にもぼやけた状態のまま映し出され、それがそのまま目の見え方になるのです。

老眼当初は、自動調節に時間がかかりながらも、時間が経てばだんだんピントが合ってくることもありますが、症状が進むと、自動調節が機能しなくなってきます

つまり老眼とは、目の調節機能が衰えて、ピントを合わせるのに時間がかかったり、うまく合わせることができなくなることを言うのです。

これはパソコンを常に見ながら仕事をしたり、スマホを見たり、という現代人の生活習慣にも少なからず影響していると言われています。

周りの景色をみたり本を読んだり、ではなく、パソコンやスマホのような人工物、というか人間が作り出した機械の発する光を常に見ている。
そう考えるといかにも眼に悪そうですよね。

私の体験談
ちなみに、私の場合は、40代になってから、老眼が進行したように思います。
高校生の頃からずっと近眼でメガネをかけていました。すぐ近く(と言っても50センチくらいですが)であれば、メガネをかけなくても見ることはできていたのですが、少し離れると(1メートル以上)、メガネ無しではいられない状態だったのです。
これが40代になってからは、何故かメガネをかけているのに、近くがかすむ。特に混んだ電車内で顔を近づけて文庫本を読むときなどは顕著でした。
さらに、仕事はというと、ノートパソコンを常に使っていて、メールや資料作成がほとんど。
数年前までは、営業と一緒に顧客先に訪問することも多くありましたが、今ではほぼ内勤で、一日中ずっと自席に座ったまま、ということも多くあります。
パソコンの画面や手元の資料を見ても、はっきり見えず、ボヤけた状態となり、なんといっても誤字脱字が如実に増えました。
で、見えないことに耐えられず、遠近両用メガネを作ったのでした。
スポンサーリンク

老眼対策をしよう

老眼の完全な予防はできないと言われていますが、進行を少しでも遅らせることはできます。

まずは体全体が健康であることが一番大事です。

そしてバランスのいい食生活を普段から心がけるようにしましょう。
そのうえで目にいい食事、というよりは、目にいい栄養素を摂るよう意識することと、目の体操ももちろんですが、適度な運動を取り入れることも必要です。

目にいい栄養素を摂り入れる

ルテイン

目の水晶体にもともとある物質で、強い抗酸化作用があります。
ほうれん草やにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

アスタキサンチン

目のピント調節の改善が期待される、抗酸化作用の強い物質です。
サケやイクラ、カニ、エビなどに多く含まれています。

ビタミンB1、ビタミンC

ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる働きがあり、目の疲れをやわらげるのにいいでしょう。
豚肉、うなぎ、玄米などに多く含まれています。

また水晶体には多くのビタミンC含まれているため、ビタミンCもしっかり摂るようにしたいですね。
赤ピーマンや黄ピーマン、パセリなどの野菜やキウイやグレープフルーツなどのフルーツに多く含まれています。

サプリメントを使う

これらの栄養素を効率的に摂取するにはサプリメントを服用するのも効果的です。

例えば、ファンケルから提供されている「えんきん」はまさにこの栄養素が配合されていて、名前のとおり老眼の進行を遅らせる効果があると言われています。

そのほかにも、同様なサプリメントがいくつも発売されています。

  • めなり
  • デスクラーク
  • 朝のルテインプラセンタ
私の体験談
ファンケルのサプリメント、「えんきん」のおためし版を購入し、二週間ほど試してみました。
でも結果は…効果のほどがよくわからずでした。少なくとも劇的に見え方が改善したようには感じませんでしたね。でも人によって効果は違うのでしょうし、もっと長い期間服用することで徐々に症状が改善するのかもしれませんね。

ピンホールアイマスクを使う

これはまだ試していないのですが、ピンホールアイマスクというものが発売されています。
もともとは、老眼用というよりは、視力矯正が目的のアイマスクらしいのですが、老眼対策にも有効とのこと。

試したらまたご紹介いたします。

スポンサーリンク

老眼対策をしないと?

老眼が進み今までより見えなくなってきたのに、無理して強がって、老眼鏡や遠近両用メガネを使わないでいると、いろんなストレスがたまります。

私のように社内メールの誤字脱字くらいならまだましで、致命的なミスをしないとも限りません。
また、肩こりや頭痛などの症状が出る人もいるようです。早めに対策したいですね。