映画(シネコン)は日にちや曜日でおトクに鑑賞できるぞ

スポンサーリンク
cinema Movie

アベンジャーズを始めとした洋画大作系は、封切り後に映画館で観ることが多い私

しかし最近は、映画館によっていろんな割引サービスを提供しているので、定価で観ることは少なくなってきています。

普段よく使うシネコンは、イオンシネマ、TOHOシネマズ、109シネマズの3つなのですが、それぞれどんな割引がいつ適用されるのか、まとめてみました。

なお、auマンデイやドコモチューズデーのような、携帯キャリアが割引サービスを提供しているものもありますが、マイネオユーザの私には関係ないので、ここには記載しておりません。
スポンサーリンク

一覧表で比較してみた

私の勤務先や自宅の近くにある映画館(シネコン)のうち、よく行くのはこの3つ。

  • イオンシネマ
  • TOHOシネマズ
  • 109シネマズ

最安になったとしても、一人1,100円ですが、観に行く日にちや曜日によって、シネコンごとに異なるので、見やすいように一覧表にしてみました。

 イオンシネマTOHOシネマズ109シネマズ
毎月1日1,100円1,100円1,100円
毎月10日1,100円
毎月14日1,100円
毎月20日1,100円
毎月22日二人で2,200円
男女問わずペア
毎週月曜1,100円
毎週水曜1,100円
レディスディ
1,100円
レディスディ
平日朝一1,300円
20時以降1,300円1,300円1,300円
シニア割引1,100円
55歳以上
1,100円
60歳以上
1,100円
60歳以上
夫婦50割引二人で2,200円
夫婦どちらかが50歳以上
二人で2,200円
夫婦どちらかが50歳以上
二人で2,200円
夫婦どちらかが50歳以上
スポンサーリンク

夫婦2人で観に行く場合

私のように、50歳超えの夫婦で2人で観に行くのであれば、もうどこでも「夫婦50割引」が使えます。

どの映画館に行っても二人で2,200円と変わりません。

この場合は、観たい映画の時間や劇場の雰囲気、サービスなどで決めることになるでしょうね。

スポンサーリンク

自分1人で観に行く場合

いつもいつも夫婦2人で行動しているわけでもなく、1人で映画を観に行くこともあります。

また観たい映画が同じじゃないこともよくあります。

そういうときは、個人行動。ちなみに自分1人でこっそり映画を観に行くこともよくあります。

そんなときは、日にちと曜日をもとに決めるだけですね。

毎月1日は、以前は映画の日と呼ばれていましたし、いまでもどこの映画館でも、1,100円で上映しています。

それ以外の日にちであれば、安くなる日があればそこを選んで行きましょう

私、アラフィフではあるものの、55歳にはなっていないので、まだシニア割引は使えません。

もし、55歳になったら、観に行く映画館はイオンシネマ一択になるだろうなあ、と思っています。ハッピー55(G.G.)というシニア向けの割引があるからです。

その他のところはシニア割引は60歳からとなっていてちょっぴり残念です。

スポンサーリンク

それ以外のお得な鑑賞方法は?

シネコンごとに割引を設定してあるものを紹介しましたが、それ以外にもいろいろな買い方が用意されています。

たとえば、クーポンサイトの最大手であるグルーポンです。

グルーポン

ここでは時期にもよりますが、ポップコーン付きで1,380円といったクーポンが売り出されることもありますので、ちょエックしておきたいサイトですね。

また、私の会社では福利厚生サービスとして、ベネフィット・ワンという会社と提携しており、事前の申し込みが必要ですが、各シネコンを割引価格で利用することができます(1,300-1,400円くらい)。

福利厚生を調べておくことは重要ですね。